top of page

12月25日、朝

「サンタさんって本当にいるの?」



たぶん、子どもに聞かれて困る質問ランキング上位の質問だろう。

我が家の息子からも突然同じことを聞かれた。



年齢的にそろそろサンタクロースからも卒業だが、さて、どう答えたものか。



「サンタさんはいるよ。正確に言うと昔はいた、というのが正しいかな」

とりあえずこう切り出してみた。



そう、サンタさんと会った事がある人は多分いないんじゃないかな。


昔は本当にサンタさんがプレゼントを配ってたみたいだけど、今はもう配ってないと思う。


プレゼントを欲しがる子どもが世界中に増えて、サンタさん一人では手が回らないの。


おじいさんが夜中に一人で世界中を回るのは大変だからね。



でもね、サンタさんの意思を受け継いだ人は世界中にいるんだよ。



おもちゃ工場の人たち、おもちゃを運ぶトラックの運転手さん、おもちゃ屋の店員さん、


そして、寝ている子どもの枕元にプレゼントを置くお父さんやお母さん。



みんなサンタさんと同じように、子どもたちの笑顔のためにプレゼントを用意してるの。


だから、あなたが大人になって結婚して子どもが生まれたら、


あなたも自分の子どものためにサンタクロースになってあげてね。




こんな話をしてあげた。



息子は「ふーん」と、納得したかどうか分からない顔をしていた。





そんな話をしたのが3年前。




あれからサンタクロースは我が家に来ていない。


サンタ役をやらせてもらった10年間、12月25日の朝は一年で一番幸せな朝だった。





そんな幸せな朝を忘れかけた今年のクリスマス、我が家にサンタクロースが帰って来た。


25日の朝、目が覚めると私の枕元にプレゼントが置かれていた。





「えっ?」と思って開けてみると、立派な万年筆と「昇進おめでとう」の


メッセージカードが入っていた。



そういえばここ三ヶ月くらい、息子はお小遣いを一生懸命貯金していたようだった。




2022年、息子のサンタクロースデビューは上々だ。


閲覧数:102回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page