はじめまして

初めまして。4月1日付で神戸サンソに入社いたしました杉谷と申します。入社したてのペーペーにもかかわらずブログ投稿という大役を仰せつかってしまったため、非常に緊張しております。何を書けばよいのか全く分からないので、入社してからの2週間弱で学んだことを交えながらなんやかんやお話ができればなと思います。





 この時点で、過半数の方が「誰やねんお前」と思われているはずですので、まずは軽く自己紹介いたします。名前は杉谷 七菜子(すぎたにななこ)です。よく苗字を「杉原」とか「杉本」とかに間違えられるのですが、「杉谷」です。なんであんなに間違えられるのでしょうか。珍しいんですかね、この苗字・・・?さらに「七菜子」の表記もよく間違えられます(「菜々子」とか「菜七子」とか)。友達に何回言っても毎回間違えられます。裏で示し合わせているのではないかと思うくらい間違えられます。もっと気合を入れて覚えてほしいものです。


出身は島根県です。そう、鳥取県の左に位置するあの島根県です。砂丘が無い方です。某掲示板サイトで「陸の孤島」などと書かれたことのあるあの島根県です。こちらに来てからたくさんの人に島根県のイメージを聞いてみたのですが、誰に聞いても必ず「出雲大社」と返ってきます。世界遺産である石見銀山が予想以上に影が薄く、少しショックを受けております。確かに出雲大社は有名ですが(ちなみに私は1度も行ったことがありません)、他にも有名なものはたくさんあるんです。玉造温泉とか、日御碕灯台とか(ちなみに私はこれらも行ったことがありません。何なら日御碕灯台は最近存在を知りました)。自然豊かで、食べ物も美味しく、台風や地震のような自然災害も比較的少ないので、公共交通機関が未発達なことを除けばかなり魅力的な場所だと思います。皆さんもご興味があればぜひ足を運んでみてください。


さて、自己紹介はこのくらいにして、私が社会人になって感じたことを簡単に述べたいと思います。今月の1日から神戸サンソで社会人として働き始めて感じたのは、「先輩や上司の皆さんがとても優しい」ということです。ネットには「先輩から『分からないことがあったら何でも聞いてね』って言われたのに、実際に質問したら『こんなことも分からないの?』『そんなことでいちいち質問しないで』と怒られた」「定時で帰ろうとしたら周りから白い目で見られた」などのような話ばかり蔓延っており、「会社ってこんなに厳しい場所なの!?」と、学生の頃からビビりまくっていました。しかし、実際に入社してみると皆さんとても親切で、私が仕事に関してどんなにしょうもない質問をしても、毎回丁寧に答えてくださいます。「私、何年後かに一気に不幸に見舞われるのではないか」と考えてしまうくらい親切です。また、今まで知らなかった社会人としての知識や経験が少しずつ付いてきているのが、ゲームで経験値が溜まっていく感覚と似ていて楽しいとも感じています。


一方で、学生から社会人になり大変だなと思うこともあります。先日参加した新入社員研修で「社会人はどんな仕事をするにも、『時間とお金のコストがかかっている』ことを忘れないように」というお話を伺ったのですが、学生の頃にはなかった感覚なので少し戸惑っています。まだお給料をいただいたことがないので「お金をいただいて働いている」という感覚はまだ正確には分かりませんが、「私はもう学生ではない、社会人なんだ」という意識を頭に定着させられるよう、気を引き締めていきます。

最後らへんがレポートのようになってしまいましたが、思いのほか長文になってしまったのでここらへんで失礼しようと思います。

改めまして、これからよろしくお願いいたします。

閲覧数:133回0件のコメント

最新記事

すべて表示